トップページ > 製品情報 > Tablet*Cart Series > USB-haco10

Tablet*Cart Series

USB-haco10 iPad RoHS対応

最大10台のiPadの充電とデータ同期が同時にできる
2.1A急速充電対応USBハブ『USB-haco10』です。

複数台のiPad等のUSBデバイスを2.1A急速充電しながらデータ同期をとることができるセルフパワーUSBハブです。

ペーパーレス会議や業務支援ツール/学習支援ツールとして利用するiPadなどの充電/同期にご利用いただけます。 USB-haco10を4台カスケード接続することで最大40台までのiPadを充電しながら、データを同期することができます。旧機種Usb-HUB28では必要だった、充電モード/同期モードのスイッチによる切り替えが不要。データ同期中のバッテリ切れやモードの切り替え忘れによる充電の失敗は、もう心配ありません。

USB-haco10
haco10kaigi

商品特徴

10台のデバイスの
充電ができる
USB充電方式を自動判別して急速充電します
USB充電方式を
自動判別して
急速充電します
デバイスごとにUSB充電方式を自動判別して、急速充電します。(※一部、非対応機種がございます。)
10台のデバイスの
データ同期ができる
iTunesやApple Configuratorを利用したデータ同期
iTunesや
Apple Configurator2
を利用したデータ同期
iOS端末では、iTunesやApple Configurator2を利用したデータ同期が可能。
充電/同期モード
切替不要
充電とデータ通信が同時にできます
充電と
データ通信が
同時にできます
USBポートに接続するだけで、データ通信をしながら充電を開始。手動でモード切替を行う必要がありません。
状態がひと目で
わかるLED表示搭載
充電中、通信中の状態が色でわかります。
充電中、通信中の
状態が
色でわかります
充電中は赤、データ通信中は青、充電完了は緑というようにデバイスの状態がひと目でわかります。
最大40台の
デバイスに対応可
タブレットカートにピッタリなサイズ
Tablet*Cart
タブレットカートに
ピッタリなサイズ
タブレットの収納台数にあわせて4台まで格納できます。カスケードポートを使うことで、最大40台までのiPadに対応。

基本機能10台のiPadの一括充電とデータ通信

USB-haco10の2つの基本機能

「タブレット10台の2.1A急速充電」と「タブレット10台の一括データ通信」

『USB-haco10』は、iPadなどのデバイス10台を一括で「2.1A急速充電」と、10台同時に「コンピュータとデータ通信」することができます。

接続方法はかんたん。パソコンと『USB-haco10』を、同期したいiPadなどとUSBケーブルで接続するだけです。

USB-haco10の配線図
充電機能について
最大2.1Aでタブレットやスマートフォンを急速充電できます。
1ポートあたり最大2.1Aを急速充電が可能です。

※USB充電ができる機器でご利用頂けます。
※全てのデバイスの動作を保証するものではありません。
さまざまなUSB機器の充電に対応しています。
『USB-haco10』では、USB機器の接続時に充電方式を自動判別して、急速充電を行います。

※ホストコンピュータと接続中はデバイス側の仕様に応じて最大1.5Aでの給電となります。2.1A急速充電する場合は、ホストコンピュータのUSBケーブルを『USB-haco10』から外してください。

※充電される機種の仕様により、急速充電しない場合があります。

データ通信機能について
一括で10台のiOSデバイス(iPad、iPhone)を管理できます。
この機能を使うには、「iTunes」(Macintosh/Windows)や「AppleConfigurator」(Macintosh)が必要です。
さまざまなUSB機器の充電に対応しています。
できること
  • ・バックアップの作成/復元
  • ・iOSのアップデート
  • ・Appのインストール/削除
  • ・iBooksを利用したPDFファイルの配布
  • ・ファイル転送可能な各種Appへのデータの転送
さまざまなUSB機器の充電に対応しています。
できること
  • ・各デバイスの設定
  • ・iOSのアップデート
  • ・Appのインストール
  • ・ファイル転送可能な各種Appへのデータの転送

進化した便利な機能

充電/同期モード切替不要
充電とデータ通信が同時にできます

旧機種Usb-HUB28では必要だった、充電モード/同期モードのスイッチによる切り替えが不要。データ同期中のバッテリ切れやモードの切り替え忘れによる充電の失敗は、もう心配ありません。

モードを自動判別
充電中/通信中のステータスを知らせる
LED搭載

ご要望の多かったデバイスの状態を表示するLEDランプを装備。
充電中は「赤色」、同期中は「青色」、充電完了は「緑色」と色でデバイスの状態がひと目でわかるようになりました。

充電中/同期中のステータスを知らせるLED

応用機能1最大40台のiPadの一括充電とデータ通信

USB-haco10 カスケードポート
3台まで追加接続できるカスケードポートを装備

背面には『USB-haco10』を3台まで追加接続できるカスケードポートを装備しました。『USB-haco10』を4台使って、iPadなどのiOSデバイスを最大40台まで同時に管理することが可能です。

合計で40台までデータの同期ができます。
カスケードポートを使うことで、
USB-haco10を4台接続して
最大40台のiPadなどのデータ同期が可能です

左図のように、4台カスケード接続することで、1台のパソコンから、最大40台のiPadなどのiOSデバイスを管理することが可能となります。

20台の場合は「USB-haco10」を2台連結し、30台の場合は、3台連結してご利用ください。



※すべてのWindows/Macintoshコンピュータで40台の接続動作を保障するものではありません。

iPad40台をiTunesで認識したときの動画
iPad40台のデータ格納・削除の時間(参考値/iTunes)
同期データ容量 360MB 720MB
データ格納時間 約7分 約15分
データ消去時間 約1分30秒 約1分30秒

検証環境

ホストコンピュータ MacBook Air Core2 Duo 1.4GHz
Mac OSX 10.9(Mavericks) / iTunes12.1.2
デバイス Apple iPad Air2 x40台

応用機能3 Tablet adminを使ってAndroidの複数台のデータ同期を行う

TabletAdmin画面
「Tablet admin」を使えば、
最大40台のAndroidの一括充電と
一括データ同期を行うことができます。


iPadだけではなく『Tablet admin』を利用すると、iTunesのような操作方法で複数台のAndroid端末に、PC内のデータを同期することができます。

『USB-haco10』と組み合わせることで、最大40台のAndroidタブレットを扱うことが可能となります。

『Tablet admin』についての詳細は、東信電気株式会社のサイトをご覧ください。


TabletAdmin画面

USB-haco10

ページトップに戻る