トップページ > 製品情報 > Tablet*Cart Series > 導入事例 >生活協同組合連合会コープネット事業連合様・協栄流通株式会社様

Tablet*Cart Series

Tablet*Cart導入事例
Tablet*Cart導入事例
SMALLVer2
生活協同組合連合会
コープネット事業連合
コンプライアンス総務 総務部長 黒須 昭様
協栄流通株式会社
総務部 部長 橋本 東様

ペーパレス会議システム導入で、
用紙、コピー代だけでも年間約240万のコスト削減を実現

生活協同組合連合会コープネット事業連合様、協栄流通株式会社様では、ペーパレス会議システム用ユーザーデバイスにiPadを採用されています。

ペーパーレス会議システムは日本電気株式会社様の「ConforMeeting/e」を導入。このシステムを利用することで、用紙、コピー代だけでなく会議開催に伴う事務局の負担も削減されました。 iPadの充電と管理用キャビネットとして、日本電気株式会社 向井様のご推薦もあり弊社のTablet*Cart Seriesを導入頂きました。

コープネット事業連合 コンプライアンス総務 総務部長 黒須様、協栄流通株式会社 総務部 部長 橋本様、日本電気株式会社 関東甲信越支社 流通・サービス営業部 向井様にお話を伺いました。

  • 会社名生活協同組合連合会コープネット事業連合
  • 代表理事長 赤松 光
  • 創立1992年
  • URLhttp://www.coopnet.jp/別ウインドウで開きます

コープネット事業連合様は、会員生協とコープネットの子会社で構成する生協の連合会です。商品・物流・生産・システム・経理・人事教育などの共通基盤を整備し、コープデリ宅配・店舗・サービス事業などのチェーン本部機能を共同で作り上げています。

生活協同組合連合会コープネット事業連合本部 外観

協栄流通株式会社は、生活協同組合コープネット事業連合100%出資の子会社です。商品の仕分け、集品、配達業務を担当することで、みなさまのくらしをサポートしている企業様です。

協栄流通株式会社 本社 外観
Q.タブレット端末を導入された経緯をお聞かせください。
コープネット連合会 黒須様(以下、黒須様):

週次に開催される役員会議の準備に、事務局では資料収集、整理、印刷といった作業があります。会議資料の差し替えが必要となった場合には、印刷のやり直しなど、かなりの作業負担がありました。

2012年11月の本部事務所新館の建設をきっかけにペーパレス会議システムの導入を検討しました。 固定の会議室を設けず、参加人数によって部屋の大きさが変わる、可変式パーテーションで区切られた会議室フロアを設置。会議テーブルが固定しないため、端末は持ち運び可能なタブレットを採用しました。

生活協同組合連合会コープネット事業連合 黒須様
Q.導入後の様子をお聞かせください。
協栄流通 橋本様(以下、橋本様):

ペーパレス会議システムを導入して4ヵ月。慣れるまでに半年間ぐらいかかるかな?と思っていたのですが、「よくここまで広がったな」というぐらいに浸透しています。当初、各部署の責任者で行われる経営会議用に導入しましたが、今では人事、経理、総務部をはじめいろいろな部署で活用しています。


協栄流通 橋本様

黒須様:

ペーパレス会議システムを導入した結果、紙の枚数は劇的に減りましたが、会議資料の枚数が格段に増えました。紙に印刷する必要がないので、とりあえず入れておくというレベルの資料です。会議で重要でない資料は飛ばして進み、関係者は会議の後にその資料を読むように促しています。印刷しない分、資料がフルカラーになったことも見逃せません。業務的に、店舗のチラシや商品写真をフルカラーで見られるようになったのは大変よかったです。


橋本様:

以前は重要な部分はアンダーラインだった箇所が赤字に、報告する箇所は青字という風に、文章も色別に構成しています。また資料をiPadの画面サイズに合わせて作成するよう工夫しています。とくに予算関係の資料は大きいページサイズで作成してしまうと、ページ中央の数字が何を指しているのか判らなくなり、見出しのある一番上まで画面を移動しなければならなくなりますから、気を付けて資料を作成しています。

Q.Tablet*Cartをお選びいただいた理由をお聞かせください。
日本電気 向井様:

電安法に準拠した製品であったことと、Tablet*Cart ver2はコープネット事業連合様の新館のイメージにマッチしたデザインであったこと、そして純国産ベンダーであり品質保証面が良かった点から選びました。

また、協栄流通株式会社様にはコープネット事業連合の新館に導入したモデルの後継機種『Tablet*Cart SMALL』を採用しました。よりコンパクトでカートらしい形状に改良されていて、取り回し良く移動が大変楽になりました。保管場所から会議室へ移動させる協栄流通様の使用環境に最適でした。


生活協同組合連合会コープネット事業連合様 タブレットカートVer2
協栄流通株式会社様 タブレットカートスモール
Q.今後、タブレット使用してやってみたいことはどのようなことですか?
黒須様:

遠隔会議です。NEC製のConforMeeting/eは遠隔会議ができる仕様なので、是非実現させたいですね。すでにネットワーク環境は整っているため、すぐにでも遠隔会議ができるのですが、離れた場所とどのようにコミュニケーションをとればよいのか、テレビ会議の導入も含め検討しています。



生活協同組合連合会コープネット事業連合様 協栄流通株式会社様 インタビュー写真

関連リンク:NEC 導入事例 生活協同組合連合会コープネット事業連合様 別ウインドウで開きます



インタビュー後記

お話を伺った中で、ペーパレス会議を導入されてから、補助資料が増えたというお話が一番印象的でした。印刷の枚数を気にすることなく、編集に時間をかけずに会議資料を作ることができるので、かなりのコスト削減につながっていると感じました。 また、カラーの資料でチラシや商品を確認できることは、情報が適切に伝わりやすく効果的なシステムです。弊社のカートは、会議の場所に合わせて、フロア内を移動させてご使用いただいているとの事、製品コンセプトに合ったイメージでご利用いただき嬉しい限りです。(M)

近年、ペーパーレス会議を導入される企業様が増えてきまして、弊社でも企業様に向けたペーパーレス会議で利用するTablet*Cartの納品が増えています。インタビューでも協栄流通の橋本様のお話にあったとおり「よくここまで広がったな」というくらい浸透しているお話を聞いて、とても実感できました。 iPad自体がwindowsとは違う操作方法で、その操作に戸惑う方が多いと思っていたのですが、お話によれば、操作方法での戸惑いはほとんどなかったとのことです。積極的に会議に使われているということで、弊社のカートもその充電・保管に一役立っていることをお聞きできて嬉しく思いました。(T)

ページトップに戻る